トップページ > スタッフコラム > 馬場 健史 > ホコリやハウスダストなどが引き起こす健康被害。

スタッフコラム

2022.03.10

ホコリやハウスダストなどが引き起こす健康被害。

 

いつまでも新築した住宅で健康に暮らしたい。そのためには、室内の空気をキレイに保つ必要があります。なぜなら、生活空間にはハウスダスト、ホコリ、花粉がまん延し、それらがアレルギー症状などの健康被害を引き起こすからです。特に子供はホコリが溜まりやすいエリアにいることが多く、室内環境を快適にする換気が大切になります。また、湿気がこもると家が傷みやすくなるので、注意しなければなりません

              

               健康な暮らしは空気がつくる                

 

 目には見えない。でも、大事なモノ。お分かりになりますか?それは、空気です。

 普段の生活の中で当たり前のように吸っている空気。

   人間が一生のうちで摂取する空気の57%は、室内の空気です。

    つまり、それだけ人体に与える影響が大きい要素だと言えます。

 

 

生活空間で生じる汚れ

 

  ところが、あまりにも当然のように存在するからか、

  摂取する飲食物にはこだわりを持っていても、

  空気にまで気を使う人は多くありません。

    生活空間である室内は、ホコリやカビに加えて花粉、

   黄砂、ハウスダスト、排気ガス、VOC※、ウィルス、PM2.5

     などに汚染されています。実は、室内の空気は外気よりも汚れています。

     だからこそ、屋外から新鮮な空気を採り入れる換気が重要になります。

  ※揮発性有機化合物…シックハウスの物質

 

 

家族の健康を守る換気

 

意外に思われましたか?

 汚染された空間の中で生活を続ければ、必然的に健康被害が起こります。

 具体例を挙げれば、めまい、不眠、頭痛、動悸、吐き気、

アトピー、喉の痛み、息苦しさ、冷えなど。

   汚れた室内空気は、そのように呼吸器系や循環器系へ悪影響を及ぼします。

  換気は家族の健康を脅かすのを防ぎ、

  結露による家の傷みを防止するのに不可欠なのです。 

 

 

 

 

 

  • お近くのモデルハウスを探す!建売情報はこちら
  • まずはお家でゆっくり知りたい!カタログ・資料請求